シャーメゾンのインターネットは無料?快適に使える?

シャーメゾンのインターネット環境について現住人が解説しました
  • URLをコピーしました!

賃貸住宅において、無料インターネットが当たり前になりつつあります。

そんな中で、家賃+αでインターネット代を払うとなると、なんとなくもったいない気がします。

この記事では、シャーメゾンのネット事情について解説していきます。

目次

「シャーメゾン=インターネット無料」ではない

「シャーメゾン=インターネット無料」ではありません。

物件によって、インターネットが無料で使えることもあれば、別途有料契約してはじめて使える場合もあります。最近では少なくなっていますが、物件そのものに備えがなく、「ネットが必要なら個人で何とかして」となっているケースもあります。

シャーメゾンはどうかというと、インターネット無料の物件が増えています。

しかしながら、インターネット環境をどうするかは、積水ハウスの方針というより、その物件のオーナーの意向が反映されます。

シャーメゾンは、インターネット完備物件とインターネット対応物件に分かれています。文字だけ見ると「あ、インターネット無料だ!」と思ってしまいそうですが、両者には大きな違いがあります。

この2つの違いを理解していないと、後になってから「しまった……」となる可能性があります。

[char no=”1″ char=”ボリ”]これは私自身が物件探しをするときに学んだ点です。[/char]

「インターネット完備物件」なら入居者は無料でネットが使える

シャーメゾンの物件情報に「インターネット完備物件」と書いてあるなら、入居者は無料でインターネットが使えます。

その物件のインターネットは全戸一括方式でオーナーが契約していますから、入居者は利用料を気にせず引っ越し当日からすぐに使えます。

自分でインターネット契約をしなくてもいいので手間が省けますし、入居してからネット開通まで時間がかかって不便な思いをすることもなくなります。

最近のシャーメゾン物件はルーター不要でWi-Fiが飛んでいる環境になっているため、電源差込口&LANケーブル挿入口に記載されているコードを入力するだけですぐネットにつながります。

「インターネット対応物件」はお金を払うならネットが使える

シャーメゾンの物件情報に「インターネット対応物件」と書いてある場合、建物にはインターネット回線が引き込まれていますが、個別加入方式のため入居者が任意で契約することになります。

個別加入の場合は、手続きも支払いもすべて入居者負担です。

金銭的負担だけでなく、申し込みから工事の調整まで自分でやらないといけないのと、申し込んでから利用開始日までネットを使えないのが課題になります。

入居を検討しているシャーメゾン物件がインターネットを“完備”してくれているのか、それともただ“対応”しているだけなのか、しっかり理解したうえで確認してください。

スマホのギガ数で十分だったりポケットWi-Fiを使っていたりと、もともと物件備え付けのネットを必要としない人なら、インターネット対応物件を選んでもなんの問題もありません。

インターネット完備物件(=無料で使える)のほうがお得なの?

インターネット完備のシャーメゾンに住めば、光回線のために毎月数千円払わなくて済みます。

一見するとインターネット完備物件(=無料で使える)のほうがお得な印象ですが、実際はどうでしょうか。

インターネット代が家賃や共益費・管理費に上乗せされていないか

インターネットが無料になっていても、家賃や共益費・管理費に上乗せされているだけなら、お得ではありません。

周辺の相場と比較して賃料が高くなっているなら、上乗せされている可能性があります。

とはいえ、シャーメゾンは高級賃貸住宅で周辺の物件よりワンランク上ですから、家賃相場は参考にならないかもしれません。

快適な品質かどうかがポイント

その物件のインターネットが高速でつながりやすく、快適に使える品質かどうかが重要です。

無料で使えても、ビデオ会議でうまく接続できないなどリモートワークに支障が出るようでは問題外ですし、晩の時間帯などみんなが動画を見るタイミングで速度が遅くなるようでも困ります。

無料で、しかも快適な品質ならお得と言えます。

シャーメゾン独自のインターネットサービスは存在しない

「シャーメゾンはクオリティが高いわけだから、当然インターネットの品質も良いのでは?」と考えたくなるかもしれません。

もちろん、そうあってほしいと思います。

インターネットについて言えば、シャーメゾンのオリジナルブランドは存在しません。

そのシャーメゾンにどんな回線を引くか、どの会社のサービスを利用するか、それは主に大家さんの決定です。大家さんがどの回線を選び、どの会社と契約するかによってネット環境が変わってきます。

ちなみに、私が入居しているシャーメゾンベレオは、U-NEXT光01と契約しています。インターネット完備物件で無料、ルーター不要でWi-Fi環境が整っているので、引っ越したその日からサクサク使えてとても助かりました。何年もネットを使ってきての感想ですが、晩の時間帯も週末も、テレワークをする人が増えてきた日中も問題なくサックサクです!

ネット環境の快適具合は、回線や提供会社、住人の数や生活様式などいろいろな要素の影響を受ける点だけご理解ください。「シャーメゾンのインターネット=快適」と考えてしまうのは早計です。

契約前にネット環境についてしっかり確認すべき

物件を選んでいる段階で、ネット環境についてしっかり確認しておくべきです。

可能な限り、以下の点を確認してほしいです。

  • 回線の種類と方式
  • サービス会社はどこか
  • 入居者の満足度

①回線の種類と方式

今のスタンダードは光回線です。「フレッツ光ネクスト」「auひかり」「NURO光Connect」など、光と名前が付いている回線かどうかチェックしてください。

光回線でも、配線方式によって品質が大きく変わってきます。集合住宅内への配線方式には「光配線方式」と「LAN配線方式」があります。高速なのは光配線方式です。

光配線方式の場合、それぞれの部屋まで光回線が来ています。各部屋で1本の光回線が使えるので、他の住人の使用状況に関わりなく常に快適に使えます。

LAN配線方式は、複数世帯で1本の光回線をシェアするスタイルになります。住人が同時にネットを使用すると混雑して速度が低下したり途切れたりする可能性があります。

例えば1Gbpsの回線として、光配線方式なら1Gbpsの速度が保たれますが、LAN配線型は1Gbps÷住戸数になります。

高速インターネットを提供するため、最近は光配線方式を導入する物件が増えています。以前はLAN配線型が主流だったため、日本国内の賃貸物件ではまだまだLAN配線型が一定の割合を占めています。

回線の種類と方式を確認するようにしてください。わからないときは不動産会社の担当者に尋ねてください。

②サービス会社はどこか

シャーメゾンのオーナーが、高速インターネット導入を請け負うサービス会社を利用している可能性があります。サービス会社はどこかによって、ネットの快適さが変わってくることがあります。

サービス会社はピンキリでプランは多彩、単に価格が安いからと選ぶオーナーもいれば、質にこだわった選択をするオーナーもいます。

インターネットの仕組みに詳しくないと、ネット回線の会社とネットのサービス会社の違いや関係性がよくイメージできないと思います。よく理解できないとしても「サービス会社がどこか」確認するようおすすめします。

サービス会社の情報をメモして、ネットで評判を調べてみてください。

ちなみに、私が入居したシャーメゾンは、株式会社ファイバーゲートが提供している「FGBB」と呼ばれるサービスが採用されていました。FGBBはLAN配線方式ですが、速度の低下など大きな問題は経験しませんでした。しかし、ファイバーゲートは2022年9月に回線障害事故を起こし、インターネット接続ができない状態が1週間続きました。

このように、オーナーがどのサービス会社を選んでいるかは重要です。

入居者の満足度

その回線について、入居者さんはどんなことを言っているのか。これは私自身がいまの住まいに入居するときに確認した点です。

誠実な営業担当者なら「その点については、申し訳ありませんが声を聞く機会がありませんでした」と言ってくれるでしょう。

私の場合は、担当者が「U-NEXTを導入していて、おおむね不満はありませんが、動画を視聴したり動画編集系の作業をする方からは、ちょっと遅いという声がありました」と教えてもらいました。

内見時にインターネットの速度を試すことはできませんが、不動産屋の営業パーソンを通してインターネットについての情報を入手するようにしましょう。

今の住まいの通信環境で悩んでいるなら

機器の問題ではなく、ネットの品質そのものが良くない場合、どうしたらいいでしょうか。

仕事に影響が出ている状況なら、早急な対策が必要ですね。

管理会社に速度が遅くて困っていることを相談してみる

インターネットの通信速度について、管理会社に現状を伝えることができます。

他の住人からも苦情が出ているかもしれません。入居者から不満の声が溜まってくることで、オーナーがサービス会社の変更や契約プランの見直しを検討してくれるかもしれません。

個別で光回線を引けるか確認する

オーナーがインターネットの通信速度の重要性をよく理解していなかったり、単に投資目的で経営していたりする場合、全然動いてくれないかもしれません。

そんなときは、個別で光回線を引くことについて検討できます。光回線を引く費用と毎月の利用料金は自己負担になります。

慌てて光回線を契約してしまう前に、まず「個別で光回線を引いていいか」許可を得てください。物件によって認められる場合とそうでない場合があります。

SoftBank AirやWiMAX、スマホのテザリングはおすすめしない

SoftBank AirやWiMAX、スマホのテザリングは、今の無料インターネットと大差ない可能性があるのでおすすめしません。

個人の経験上、仕事のビデオ会議などで画面が固まってしまったり接続が切れてしまったりする人は、SoftBank AirやWiMAX、スマホのテザリングを使っていることが多いです。

仕事に支障が出ないようなネット環境を構築したいなら、やっぱり光回線です。

引越しを検討する

インターネットを使う時間が長く、ビジネスにも影響が出ているようなら、そして個別で光回線を引けない物件なら、見切りをつけて思い切って引越しを検討できるかもしれません。

具体的に決めていなくても、定期的にシャーメゾンショップや地域の不動産屋さんと連絡を取ったり、賃貸物件検索サイトなどをチェックしたりしておくと、魅力的な物件が見つかるかもしれません。

まとめ

シャーメゾンを含め、無料インターネットを提供する賃貸物件が増えています。

インターネット完備物件とインターネット対応物件の違いに注意しましょう。インターネット完備物件ならネットが無料で使えますが、インターネット対応物件は料金を払わないと使えません。

「無料かどうか」だけに気を取られると落とし穴にはまる可能性があります。ネットは、快適に使えてはじめて意味があります。契約前にネット環境についてしっかり確認しておきましょう。

この記事の内容でお気づきになったことがありましたら、お手数ですがお問い合わせフォームからご連絡ください。

『ウレルカ』には、シャーメゾンに関連した記事を複数掲載しています。全体像をつかむためにも、この機会に是非合わせてご覧ください。

シャーメゾンの防音性能についてはこちら:

[keni-linkcard url=”https://ureru-ca.com/shamaison-quiet/”]

シャーメゾンの初期費用についてはこちら:

[keni-linkcard url=”https://ureru-ca.com/shamaison-initial-cost/”]

シャーメゾンの仲介手数料についてはこちら:

[keni-linkcard url=”https://ureru-ca.com/shamaison-intermediary-fee/”]

シャーメゾンの審査についてはこちら:

[keni-linkcard url=”https://ureru-ca.com/shamaison-screening/”]

シャーメゾンライフガードと火災保険の加入についてはこちら:

[keni-linkcard url=”https://ureru-ca.com/shamaison-fire-insurance/”]

シャーメゾンの退去費用についてはこちら:

[keni-linkcard url=”https://ureru-ca.com/shamaison-move-out/”]

[keni_author_info authhor_id=1 title=”著者情報”]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自分で体験して、ちゃんと理解したうえで「これは他の人にも知ってほしい!」と思えることだけ発信しています。今のところ、ヒゲ脱毛と積水ハウスの賃貸住宅シャーメゾンの情報が多め。自宅や西五反田エリアのコワーキングスペースで書いています。

目次