シャーメゾンはときどき揺れる

シャーメゾンに住み始めて、ふと気になったこと。

それは・・・

「なんか、ときどき揺れるな」

地震かと思ってニュース速報を見ても、地震ではないみたい。
でも確かに揺れた。
可動間仕切りがガタガタした。

今回は、シャーメゾンが地震ではないのに揺れる件について書いていきます。

ちなみに、私が住んでいるのは築年数が浅いシャーメゾンベレオ(重量鉄骨)の3階です。

私が住んでいるシャーメゾンは揺れる

私が住んでいるシャーメゾンは、ときどき揺れます。

もちろん、常時揺れているわけではありません。
何もなければ、揺れはありません。

ただ、ときどき震度1とか2とか、「あれ、地震かな」と思うような揺れを経験することがありました。

揺れるときに、同時に近くの道路を大きなトラックが通っていく音がかすかに聞こえたので、きっと通行する車両の影響なのだと思います。

私が住んでいるシャーメゾンベレオは内装がスタイリッシュで、部屋と部屋の間は可動間仕切りになっています。
可動間仕切りを閉めていると、揺れに伴って「ガタガタっ」と小刻みに音が聞こえることがあります。

以前に住んでいた賃貸物件ではこのようなことはなかったので、入居当初は「なぜなんだろう」と不思議でした。

揺れる原因は高い耐震性能にあり

気になったのでいろいろ調べていくと、きっとこれだろう!という原因がわかりました。

揺れる原因は、私が住んでいるシャーメゾンベレオの耐震構造にあったのです。

高い耐震性能を実現するために、シャーメゾンブランドはいろいろな工夫をしており、その結果私が住んでいる物件は最高ランクの耐震等級を獲得しています。

地震や振動に上手に対応するために、建物全体が揺れるように設計されているのです。

地震でも揺れを感じやすい

耐震性能に優れた物件は、たいていの場合、地震が起きると通常の建物より揺れを感じやすくなります。

造りがしっかりしたマンションやタワマンに住んだ経験がある人なら、その独特の“揺れ”が理解できると思います。

どんなときも「揺れない」のが一番かもしれませんが、地震が起きるときのことを考えると耐震性能が高いほうが安心だと思いませんか。

揺れが苦手ならシャーメゾン以外を選ぶとよいかも

揺れが気になるタイプとか、これまでの種々の経験から揺れに恐怖を感じてしまうのであれば、築年数が新しいシャーメゾン物件は避けたほうがよいかもしれません。

内見時に揺れを体験するのは難しく、住んでからはじめて「こんな感じか~」と経験することになります。
揺れに耐えられなくなってしまうと生活全体にストレスを感じてしまいます。
それは避けてほしいと思います。

私自身は、最初は不思議な感じがしたものの、いまではすっかり慣れたというか・・・ほとんど何も感じません。

以上、今回は「シャーメゾンが揺れる件について」実際に住んでいる者としてお伝えしました。

ボリボリ

物件選びの成功をお祈りしています!

この記事の内容でお気づきになったことやご意見、質問等がありましたら、お手数ですがお問い合わせフォームからご連絡ください。

『ウレルカ』には、シャーメゾンに関連した記事を複数掲載しています。
全体像を把握するためにも、ぜひご覧ください。

シャーメゾンの防音性能は入居者からどう評価されている?

防音性能だけではなく遮音性能も大事!

気になるシャーメゾンのインターネット環境についてはこちら:

シャーメゾンの初期費用が高い理由についてはこちら:

シャーメゾンの仲介手数料についてはこちら:

シャーメゾンの火災保険について:

事前に知っておくと安心!シャーメゾンの審査についてはこちら:

シャーメゾンの特徴の1つである収納力の高さについてまとめた記事がこちら:

シャーメゾンの退去費用について:

そもそも“シャーメゾン”って何語?由来は?:

著者情報

関連リンク:

積水ハウス

シャーメゾン

積水ハウス不動産パートナーズ株式会社(らくらくパートナー)

シャーメゾン少額短期保険株式会社(シャーメゾンライフGUARD)

国土交通省(宅建業法にかかるITを活用した重要事項説明等に関する取組み)

公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会

公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会