湘南美容クリニックの面接で落ちたとしても大丈夫!みんな落ちているから

湘南美容クリニックの面接を受けるぞ!

そして

落ちた・・・

ガッカリしますよね。

でも、気にしないで。湘南美容クリニックの面接で落ちるのはよくあることなんです!

ボリボリ

なぜ気にしなくていいのか、これから言語化していきます。

湘南美容クリニックの面接で落ちるのはよくあること

毎月、一定数が湘南美容クリニックの面接を受けますが、けっこう落とされるんです。

それには4つの理由をがあります。

理由① 美容クリニックの採用率自体が低い

最初に結論を。

美容クリニックで看護師が面接に合格する確率は、10%~25%程度と言われているんです。

そう、看護師不足が話題になっているのに、美容クリニックの採用率は低いんです。

湘南美容クリニックが採用率を公表しているわけではないので断定はできませんが、他の美容クリニックと同じ水準と考えて間違いないと思います。

(参考:リゼクリニックの面接で落ちた
(参考:あおばクリニックの面接で落ちた

理由② クリニックには求める人物像がある

湘南美容クリニックに限らず、どの美容クリニックにも求める人物像があります。病棟勤務の場合は技術と経験があればいいかもしれませんが、美容医療の現場では人に与える印象、ホスピタリティが重要になります。

湘南美容クリニックが求める人物像をまとめるとこんな感じになります。

湘南美容クリニックが求める人物像
  • 素直
  • チームワークを大切にできる
  • チャレンジ精神がある
  • ポジティブ
  • 情熱がある

    (参考:SBCメディカルグループ採用情報 求める人物像

    湘南美容クリニックが求める人物像は大きく分けて5項目で、かなりはっきりしています。

    自分の人柄・目指すもの・人物像と、湘南美容クリニックが求める人物像がマッチしていないとしたら・・・

    採用されなくても仕方がないんです。

    これは単純にマッチングの話です。仕方がありません。

    理由③ 面接対策が足りなかった

    今回、面接対策をして臨みましたか?

    もしかしたら、「有資格者だし普通に採用されるだろう」と思って、特に何もせず出かけて行きませんでしたか?

    美容クリニックというのは、ある意味特殊な業界なんです。特有の面接対策を取らないと、合格できない可能性が高くなるんです。

    この点は、後ほど取り上げます。

    理由④ 直接応募していない

    応募方法も大切なポイントになります。

    今回、どんな方法で応募しましたか?

    採用されやすい応募方法はどれか
    1. 直接応募
    2. 一般求人サイトや看護師転職サイト経由
    3. 看護師向け転職エージェント経由

      も転職サイトや看護師転職エージェント経由で応募すると、それだけで採用される確率が下がるかもしれません。

      なぜかわかりますか?

      仮にあなたが看護師転職サイト経由で応募し採用されると、クリニック側はあなたの初年度の年収の30%程度の金額を転職サイトに手数料として支払わないといけなくなるんです。

      つまり、採用コストが高くなるんです。できればコストはかけたくないですよね。

      だから、できるだけ直接応募してくる人を採用したいわけです。手数料がいりませんから。

      美容クリニックを受ける場合に必要な対策とは(今後のために)

      ここからの内容は、次も美容クリニックを受けるかもしれない方に向けたものです。

      もし次も美容クリニックを受けるつもりなら、こんどは必要な対策を取って出かけて行きましょう。

      対策① 美容クリニックの面接で落ちる人の特徴を知っておく

      美容クリニックの面接で落ちる人には、共通する特徴があるんです。

      こんな特徴です。

      美容クリニックの面接で落ちる人に共通する5つの特徴
      1. 愛想がない
      2. 清潔感がない
      3. 言葉遣いや話し方が不快
      4. 姿勢が消極的
      5. 美容クリニックで働く準備をしてこない

       

      できるだけ自分を客観視して、これらの特徴と自分を比較してみるとどうでしょうか。

      改善できそうなところがあるでしょうか。

      対策② 面接の準備をする

      面接の準備をしっかりとしておきましょう。

      美容クリニックの面接の場では、ほぼ間違いなく質問されます。すでに経験済みですよね。

      なぜいろいろな角度から質問してくるのでしょうか?

      クリニック側は、質問に対してあなたがどう答えるかで、「採用したい」「採用したくない」を見極めているんです。

      東京中央美容外科の面接でよく使われる質問
      1. 志望動機
      2. 美容クリニックに対する理解度
      3. 人間関係について
      4. どんなビジョンを描いているか
      5. 難しい状況を乗り越えてきたか

      少なくともこの5つの質問に対して上手に答えられるよう、よく準備をしておいてください。

      対策③ クリニックの採用ページから直接応募する

      対策③と④は、一見すると矛盾しています。自分にとって良いと思える方法を選んでください。

      気になっている美容クリニックが採用ページを用意しているなら、そこから直接応募してみるとよいです。クリニック側にとっても採用コストが下がるので、採用されやすくなります。

      直接応募する流れ
      1. 気になっているクリニックの公式サイトを開く
      2. 「採用ページ」がないかチェックする
      3. 「採用情報」が載っていたら、そこから応募してみる
      4. そのクリニックがリクルーティングサイトを持っていないかチェックする
      5. 「採用情報」がどこにも見当たらない場合は、クリニックに直接電話してみる

       

      対策④ 看護師向け転職エージェントを活用する

      直接応募には魅力があるのですが、それでも看護師向け転職エージェントのサポートを受けるのも良い方法と言えます。

      なぜなら、エージェントは美容クリニックに関する豊富な情報を持っているからです。面接内容や質問について熟知しており、面接に向けて必要な準備を整えていけます。面接に同行してくれるところもあります。

      しかも、エージェントは基本無料で利用できます。利用しないのはもったいないサービスなんです。

      ウレルカ編集部がおすすめする看護師向け転職エージェント

      MCナースネット

       

      エージェント経由で応募するか、それとも直接応募するか。難しいですね。

      エージェントを利用するだけ利用する。そして応募は直接!と勧めることはできませんが、上手に活用できるといいですね。

      まとめ

      美容クリニックの面接で落ちるのはよくあることです。

      落ち込まないでください。

      美容クリニックは、ある意味で特殊な世界です。技術や経験よりもホスピタリティが求められるといっても過言ではありません。接客業なんですよね、ある意味。

      次も美容クリニックの面接を受ける予定なら、ちゃんと対策を取るようにしてください。

      著者情報