在宅ワークに励む女性

家計の足しにしたい・・・

自分で自由に使えるお金がほしい・・・

そんな人たちに必要な金額の目安、それが3万円。

あなたは今、月に3万円稼ぐための方法を探していますか?

もちろん外に出てアルバイトをすれば、月に3万円稼ぐのは全然難しくありません。

でも、子育て中とか在宅ワークに興味があるとかで、家でできる仕事(在宅ワーク)で3万円稼ごうと思っているわけですね。

その発想、正解です!

しかも、いまは1個3円とかの内職をコツコツしなくても、やる気とパソコンさえあれば、楽にとは言いませんが、家に居ながらにしてお金を稼げる時代なんです。

この記事では、家でできる仕事で3万円を稼ぐことにスポットを当てていきます。

方法はいろいろあると思いますが、ここではたった1つに絞ります。それくらいおすすめの方法なんです。

在宅で月3万円稼ぐためにはクラウドソーシングサイトに登録しよう

在宅で3万円稼ぐ方法はいろいろあります。

そのすべてを一斉に知りたいですか?

それともおすすめのものを「ドン」と紹介してもらったほうが助かりますか?

ここではおすすめの方法をたった1つだけ紹介します。他にも知りたいなら、家でできる仕事を総合的に取り上げた以下の記事を参考にしてくださいね。

関連記事>>>家でできる仕事―主婦・育休中・子育て中にピッタリの方法を一挙公開!

 

月3万円を家にいながら稼ぐには、とりあえずクラウドソーシングサイトに登録してみましょう。

クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼したい人と仕事をしたい人が出会えるサイトのことです。

育休中のママさんや主婦の方が家計の足しにするために利用したり、副業収入を得たいサラリーマンが夜にコツコツやっていたり、あるいはクラウドソーシングだけでご飯を食べているフリーランスワーカーもたくさんいます。

クラウドソーシングサイトの中でとくにおすすめなのがクラウドワークスです。

安定した仕事量が自慢のクラウドワークスがおすすめ

クラウドワークスに登録するための画面

引用:クラウドワークス

クラウドワークスは無料で登録できて、年会費もかかりません。登録したら、さっそく仕事に取りかかることができます。

何か特定のスキルや経験があれば真っ先にそれを活かせる仕事を、もし特別な何かがなければ、ライティングがおすすめです。

ライティングとは、インターネットのページに載せるいろんな記事を作成するお仕事のことです。いわゆるWebライターってやつです。

私にライターなんて務まるかな?

そんなふうに感じるかもしれませんが、クラウドワークスなら「未経験」「初心者」でも取り組める案件がたくさんありますよ。

初心者だった私がクラウドワークスを使って3ヶ月目に月5万円稼げるようになったことについて、以下の記事にまとめています。イメージするためにぜひご覧ください。

関連記事>>>クラウドワークスで月5万稼いだ私の方法とは【ライター編】

\登録したらさっそく仕事が見つかる/

▲クラウドワークス

本当に自分でもできるのか―それはやってみなければわからない

これまでクラウドソーシングという方法でお仕事をした経験がないと、「でも本当に自分でもできるの?」と不安になるかもしれません。

はっきり言って、本当に自分ができるかどうかは、やってみないことにはわかりません。登録して試してみないことには始まらないし、わからないんです。

いちばん良いのは、やってみながら「続ける価値があるか」判断することです。

もし「あんまりだな」と思ったら、とりあえず一休みして他の方法を探してみるとよいでしょう。毎月の作業のノルマなどありませんし、いちど登録しておけば資格を維持することができます。

クラウドワークスで稼いでいる人の声【口コミ・評判】

日本中で、ランサーズやクラウドワークスを使っている人はたくさんいます。

その中からいくつか声を聞いてみましょう。

まあ、こんな感じでしょうか。自己分析してくださいね。

まとめ

家でお金を稼ぐ方法はいろいろあります。

今回の記事で取り上げたクラウドソーシング以外にも、他のサイトではアフィリエイトやせどり、アンケートなどを扱うポイントサイトなどいろんな方法が紹介されています。

着実に稼ぐためにはクラウドワークスのようなクラウドソーシングサービスがおすすめです。

その気になれば今からできるわけです。さっそくその気になってみませんか?

\登録したらさっそく仕事が見つかる/

▲クラウドワークス

著者情報

Boli(ボリ)
国立工業高専を経て、建築技師として国際建設ボランティアに携わる傍ら、現地記者としてライター業を始める。 2013年からは日本において本格的にライターとして活動を開始し、金融・建設系のメディアでの執筆を中心に行なっている。プロ目線の難解な解説ではなく、一般的に理解できる言葉や概念を用いたわかりやすいライティングを心がけている。