暮らし

鉄筋コンクリートの ワンルームは騒音なしで最高!とはいかないのでご注意を

住むなら絶対にRC(鉄筋コンクリート)の物件がいい!だって、騒音が少ないんだもん!

あなたは今、そんなふうに考えて物件探しを始めようとしていませんか?

確かに「騒音が少ないこと」は、快適に生活するための大切な条件ですよね。とくに今住んでいるアパートやマンションで音に悩まされている場合は、「とにかく音!音!静かなところがいい!」と感じるはずです。

だからこそ、今度は鉄筋コンクリートのワンルームで騒音問題とは無縁に!と思っているわけですよね。

でもちょっと待ってください。じつは、鉄筋コンクリートのワンルームでは騒音トラブルが多いんです!

ウソでしょ?とおもったあなた。すぐに読み終わるので、とりあえず読み進めてください。

鉄筋コンクリート造りは無敵!半分ホント、半分ウソ

遮音レベルが高い順に並べると、以下のようになります。

遮音レベルが高いのは

第1位:RC(鉄筋コンクリート造)

第2位:重量鉄骨

第3位:軽量鉄骨

第4位:木造

ほら、決まりでしょ!

鉄筋コンクリート造は無敵じゃん!

たしかに、鉄筋コンクリート造りの物件は遮音性では無敵の可能性があります。
でも、無敵どころか、かえって音が伝わりやすい可能性もあるんです。

どういうことでしょうか?

鉄筋コンクリート造ワンルームはとくに注意が必要!

ワンルームの鉄筋コンクリート造はとくに注意が必要です。
どういうことでしょうか?

もし自分の部屋の周りすべてがすべてコンクリートで囲まれていればいいのですが・・・
2つの部屋がセットになってコンクリートで囲まれている場合、自分の部屋と隣の部屋の仕切り壁はコンクリートではない可能性が。

石膏ボードだけで仕切られていたらもう最悪!
壁にコツっと何かが当たる音までしっかり伝わってきます。

鉄筋コンクリートなのに話し声が聞こえる!

「隣の部屋の人に語りかけたら、返事がありました」

「電話の内容まで聞き取れてしまいます」

「ちょうど起きる時間が一緒みたいで、アラームが同時に鳴ります」

笑い話じゃない!もう最悪!

鉄筋コンクリート造なのになんでそうなるかというと、隣の部屋との境の壁がコンクリートではないからです。

あれ、この物件・・・鉄筋コンクリート造なのに家賃がそんなに高くないぞ!

そう思ったら要注意。住み始めたら隣の話し声が聞こえるくらい騒音に悩まされるかもしれません。

そうならないためにも、内見時のチェックを怠らないようにしましょう。


内見時のチェックで騒音問題を未然に防ごう

ワンルームの鉄筋コンクリート造なら騒音から抜け出せる!という考え方は捨てて、あらためて「騒音の少ない物件に住むためにはどうしたらいいか」考えてみましょう。

チェック項目

  • 両側、上下がすべてコンクリートで囲まれている部屋を選ぶ
  • 窓の防音性を確かめる
  • ペット不可の物件にする
  • 自分と似た属性の人が暮らすマンションにする
  • 過去に騒音トラブルがおきていないか、不動産屋に確認する
  • 内見の際、掲示板に目を向ける(騒音についての注意があったら要注意!)
  • 隣の住居に接している面が少ない物件を探す
  • 最上階、角部屋にする(騒音元が減る)

残念ながら、絶対に大丈夫!と言える物件はありません。騒音から逃れる唯一の方法は、山奥の一軒家に住むことです。でも、少しでも騒音が少ない物件を選ぶことを意識すれば、今の生活よりは音の問題を軽減できるかもしれません。

今すぐ引越すなんて無理・・・というときは、小さくても強力な味方である「耳栓」を手に入れましょう。これ、けっこう効きます!

 

まとめ

「騒音から逃れたいから、今度は鉄筋コンクリート造のお部屋にしよう!」という考えは注意が必要です。

鉄筋コンクリート造を選ぶなら、内見の際に両隣の壁が本当にコンクリートなのか叩いて確認してください。もし石膏ボードなら、そこで妥協しないようにしましょう。

集合住宅に住む限り、お互いに忍ばなければいけない点が出てきますが、少しでも快適な生活環境を手に入れることができるよう願っています。