脱毛

「脱毛する勇気が出ない」が「出る!」に変わる3つの考え方

脱毛の勇気が出ない記事のアイキャッチ画像

脱毛したいのに、勇気が出ませんか?

脱毛で勇気が出ない場面の漫画

もしかしたら、以下のどれかに当てはまりますか?

  • 高そうだから勇気が出ない
  • 痛そうだから勇気が出ない
  • 恥ずかしいからなかなか行けない
  • 見られたくない
  • どこに行けばいいかよくわからない

じつは、いま脱毛中の人も脱毛を終えた人も、最初は大きな不安を抱えていたんです。

確かに脱毛ってわからないことが多くて怖いですよね!

でも、事実として脱毛する人の割合は高く、最近では約70%の人が「脱毛をしたことがある」と回答する時代になっています。

せっかくなので、ここで脱毛の不安と向き合ってみませんか?

Boli
Boli
私はゴリラクリニックに通っています

1.脱毛する勇気が出ないのはなぜ?どれにあてはまる?

あらためてですが、以下のどれか、または複数に当てはまりましたか?

  • 高そうだから勇気が出ない
  • 痛そうだから勇気が出ない
  • 恥ずかしいからなかなか行けない
  • 見られたくない
  • どこに行けばいいかよくわからない

高そうだから

脱毛にはまとまったお金が必要になります。高いです。

「高い」と聞くだけで、いくら興味があっても、いくら「やったほうがいいよ」と勧められても、勇気が出なくなってしまいますよね。

現実的に、「そりゃお金があったらやりたいけど・・・今の状況では無理だよ・・・」という人も少なくありません。お金に余裕がある人のほうが少ないんです。

痛そうだから

脱毛って痛そうですよね!

「痛いのが好き」という人も中にはいるかもしれませんが、私たちの大半は痛いのが苦手です。部位によっては想像するだけでも痛そう・・・

行くのが恥ずかしい

恥ずかしさゆえに脱毛サロン・クリニックに行くのをためらってしまう人も少なくないようですね。

「脱毛している=毛深いんだ、毛が濃いんだ」と思われたくないとか、「なんで脱毛しているの? なんか怪しい・・・」なんて思われたくないってのもあります。

また、脱毛クリニックの待合室にいる自分を想像するだけで「いやだ!無理だ!」と感じてしまうかもしれませんね。

見られたくない

他の人に体を・・・毛を・・・見られたくない!

たしかにそうですよね! 見られたいんですって人のほうが少ないですよね。

今のところ、人が器械を操作するわけですし、絶対に見られてしまいます。見られると思うと、やっぱり脱毛する勇気が出なくなってしまいますよね。

部位によっては黒ずんでいたりすると余計に恥ずかしく感じてしまうことがあります。

どこに行けばいいかよくわからない

どこに行けばいいかわからず、とにかく不安で恐怖で・・・という気持ちもよくわかります。

脱毛を開始するまでは、ほとんどの人がいわゆる“無知”の状態です。何もわからずに出かけていくのは怖いし、だからといってネット上のおすすめとかを鵜呑みにするのはどうかと思うし・・・なんて考えていると、なかなか足が向かなくなってしまいますよね。

ところで、事実はどうなんでしょうか?

  • 脱毛は本当に高い?
  • 脱毛はかなり痛い?
  • 脱毛するのって恥ずかしいこと?
  • 脱毛時はだれにどこを見られる?
  • どこに行けばいい?

2.【勇気が出ない時に知っておきたい】脱毛の事実

ここで、脱毛についての事実を確認しておきましょう。

脱毛は本当に高い?

脱毛を続けるためにはある程度のお金がかかります。決して安くはありません。

「ワキ脱毛100円」という言葉だけみると「100円でキレイになるの?」と思ってしまいますが、実際はもっとお金がかかります。

どこで何回脱毛するか、部分的に脱毛するか全身するのかによってトータルの金額は変わってきますが、脱毛を始めるからにはある程度の出費を覚悟しなければなりません。

脱毛の金額の目安

・クリニックで全身脱毛(顔・VIOを含む):6回で300,000円程度

・サロンで全身脱毛(顔・VIOを含む):6回で100,000円程度

・クリニックでワキ脱毛:5回で30,000円程度

・サロンでワキ脱毛:5回で20,000円程度

この金額を高いと思うか妥当と感じるか、もしくはコスパで考えるとアリ!と判断するか。それは各自異なります。

脱毛はかなり痛い?

脱毛はかなり痛いです。

一般的に、光の出力が強ければ強いほど痛みを感じやすくなりますし、毛の密度が濃ければその分だけ痛いです。

脱毛の痛みについて、ゴムで思いっきりパチンと弾かれるような痛さと表現する人もいれば、とにかく涙が止まらないなんて言う人もいます。

某有名お笑い芸人さんは、「黒猫にしがみつかれて引っ張られるような痛さ」と表現しています 笑

脱毛が痛いというのは真実です。

脱毛するのって恥ずかしいこと?

脱毛すること自体を恥ずかしいと思うかどうかは個人差があります。

でも1つ言えるのは、「脱毛しないことを恥ずかしいと思う人が増えている」という事実です。

脱毛するのがちょっと恥ずかしくても、それ以上に処理しないままの状態を恥ずかしいと思う気持ちが強くて通っている人が多いのも事実です。

脱毛時はだれにどこを見られる?

脱毛時は、施術担当者に照射部位を見られます。

といっても、見られるのに抵抗がある部位に関しては“上手”にカバーしてもらえます。

「恥ずかしい」「見られたくない」という理由で自己処理を続けていると、余計に黒ずんでしまうリスクがあります。

どこに行けばいい?

どこに行けばいいかは個人的な判断になります。といっても、日本全国の脱毛できるお店をすべて調べる必要はありません。

大きく分けると、「脱毛サロン」か「脱毛クリニック」のどちらかになります。

※ サロンとクリニックの違いについては、近いうちに記事にする予定です。

3.脱毛する勇気が出ないときの対策

脱毛についての事実を知って、「やっぱりやめとこう!」と思いましたか?

それとも、「よし、勇気を振り絞ってチャレンジしてみよう!」と思いましたか?

ここで、今ひとつ勇気が出ないときに後押ししてくれる情報を提供します。

脱毛費用対策

脱毛費用を抑えるために「できるだけ安いところを探す」という発想はおすすめできません。もし「安くて希望の結果が得られる」ところならいいのですが、期待するような結果にならなかったり肌を傷めてしまっては大変です。

どうしてもまとまったお金が用意できない時は、自分への賢明な投資と考えてローンを活用できます。クリニックではメディカルローンを扱っているところが多いですし、場合によってはカードローンに申し込むこともできます。

住宅ローンを使ってマイホームを手に入れるのと同じ発想になりますが、先に“よいもの”を手に入れて、その後コツコツと返済していっても結果的に「良い投資だった」と思えるといいですね。

ちなみに、脱毛ローンについては脱毛ローンがお得とは限らない!カード払いと比較してわかったことという記事をご覧ください。

脱毛の痛み対策

脱毛時の痛みを少なくするための方法は以下のとおりです。

  • 照射レベルを下げてもらう
  • 痛みの少ないマシンを選ぶ
  • 麻酔を使う

照射レベルを下げてもらう

照射レベルを下げてもらうと、その分だけ照射時に痛みを感じにくくなります。なぜなら、レーザーの光がメラニン色素に反応するときの熱の力が抑えられるからです。

脱毛クリニックと脱毛サロンで比較すると脱毛サロンのほうが照射時の出力は弱いですし、医療用レーザー(クリニックのみ)でも患者の希望に応じて出力の調整が可能です。

ただし、出力を下げるとその分だけ照射の効率が悪くなるので、脱毛の結果が出るまで時間がかかってしまいます。バランスを考えて判断しましょう。

痛みの少ないマシンを選ぶ

ひとことで「脱毛」と言っても、いろいろなマシンがあります。その中でも痛みが少ないと評判のものを選ぶことで、痛みを感じにくくなります。

痛みを感じにくいと評判なのはメディオスターNeXT PROです。

メディオスターNeXT PROを導入している脱毛クリニック

  • ゴリラクリニック(メンズ専門)
  • リゼクリニック
  • フレイアクリニック など

複数のマシンを取り揃えているクリニックでは、最初にメディオスターNeXT PROで何回か照射して毛量を減らし、その後はYAGレーザーなど強力なマシンで一気に仕上げていくこともできます。

複数のマシンを置いている脱毛クリニック

  • アリシアクリニック
  • 湘南美容外科クリニック
  • ゴリラクリニック(メンズ専門)
  • リゼクリニック など

麻酔を使う

麻酔を使うことで痛みを軽減できます。

ただし、麻酔を使えるのは医療機関(クリニック)だけです。

麻酔を使える脱毛クリニック

  • リゼクリニック
  • ゴリラクリニック(メンズ専門)
  • アリシアクリニック など

恥ずかしさ対策

恥ずかしさ対策のためにこんなことができるかもしれません。

  • 女性専用(男性専用)のお店を選ぶ
  • プライバシーが保たれるお店に行く
  • 駅前などたくさんの人が出入りするビルにあるお店に行く

女性専用(男性専用)のお店を選ぶ

異性がいることに抵抗を覚えるなら、同性の患者さんしかいないクリニックを選んでおくと安心です。

女性専用の脱毛クリニック:

  • クレアクリニック
  • S-Labo など

女性専用の脱毛サロン:

  • 銀座カラー

男性専用の脱毛クリニック:

  • ゴリラクリニック
  • メンズリゼクリニック

男性専用の脱毛サロン:

  • リンクス

プライバシーが保たれるお店に行く

個室があるなど、プライバシーが重視されているお店に行くのも良い方法です。

個室(半個室)があるサロン・クリニック:

  • キレイモ
  • トイトイトイクリニック

駅前などたくさんの人が出入りするビルにあるお店に行く

「脱毛に通っている姿を見られるのが恥ずかしい」

そんなときは、いろんな人が出入りする雑居ビルの一角にお店を構えているサロンやクリニックを選択するとよいかもしれません。

4.脱毛によって手に入る未来を想像してみよう

脱毛への不安は消えないとしても、ここで少し脱毛によって手に入る未来を想像してみるのはいかがですか?

脱毛によって手に入る未来

  • “毛”の恥ずかしさに悩まなくていい
  • 人前で肌を露出できる
  • 毎日・毎週のお手入れが楽になる
  • 自己処理による黒ずみの悩み解消
  • 衛生的!

5.「もっと早くやっておけば」は真実

結局、長い時間「脱毛しようかどうか・・・」と悩んでいた人に聞いてみると、「もっと早くやっておけばよかった」と言います。

脱毛は一度集中的に行えばその後は長い間ムダ毛の悩みから解放されるものです。であれば、早く始めればその分だけ早くムダ毛から解放されます。長く悩んでいる時間が長いと、その間は何も変わりません。

6.【提案】小さな部位から始めてみよう

いきなり全身脱毛を申し込むのは抵抗がある。

そんなときは、ワキなど小さな部位からチャレンジしてみませんか? その次第で気に入れば他の部位や全身へと進めます。

まとめ

まとめましょう。

脱毛する勇気が出ないのは・・・

  • 高そうだから
  • 痛そうだから
  • 恥ずかしいから
  • 見られたくないから
  • どこに行けばいいかよくわからないから

確かに脱毛は・・・

  • 高い
  • 痛い
  • 恥ずかしいかも
  • 見られる
  • いろいろお店がある

でも・・・

  • 未来への賢い投資としてローンを組める
  • 痛みを軽減するためにマシンを選んだり麻酔を使ったりできる
  • 恥ずかしさを感じにくいお店を選べる

さあ、どうする?

  • やる!
  • やらない!

Boli
Boli
自分で納得できる答えを見つけましょう!