ゴリラクリニックにおける17回目のヒゲ脱毛についてのまとめ

ゴリラクリニックで17回目のヒゲ脱毛をした翌日にこの記事を書いています。

今回はゴリラクリニック名古屋栄院に行ってきました。この栄院は私が初めてゴリラクリニックに足を踏み入れた場所であり、ここからすべてが始まりました。本当に感謝しています!

名古屋で2院目となる名古屋駅前院ができて以来ずっとそちらに通っていたのですが、今のコースで通える回数が残りわずかになってきたこともあり、久しぶりに原点に帰って栄院に予約を入れました。

ゴリラクリニックは、その時の気分や都合で全国どこの院でも利用できます。

さて、今回はメディオスター Bモードを中心に書こうと思います!

この記事では「ヒゲ脱毛の17回目」だけを切り取って、感じたことや効果について書いています。全体を通して感じたことや個人的な評価については別記事でまとめています。ぜひご覧ください!

ゴリラ脱毛の評判を知りたいですか?2017年からゴリラクリニックに通っている私の評価

最初にひとこと:

「ヒゲ脱毛〇〇回目」というタイトルをつけているので、体験者のビフォー&アフター写真が掲載されていて当たり前と思うかもしれません。

でもこの記事では写真掲載は控えました。なぜなら脱毛の進捗や経過には個人差があるからです。さらに言えば、そもそもスタートの段階でヒゲの濃さや密度などに違いがありますし、どこでどんな器械を使って脱毛するかによっても進み具合が変わってきます。

「〇〇回目だとこんなふうになるのか」と認識させるのは良くないと考えています。あくまで流れとしてとらえていただければ幸いです。

私の脱毛メニュー:

施術内容ヒゲ脱毛4年間無制限コース(2017年~)
部位鼻下、アゴ、アゴ下、ほほ、もみあげ、首
使用機器メディオスター NeXT PRO、Gentle YAG(通称:YAGレーザー)
オプションピーリング、イオン導入
支払い方法クレジットカード払い

 

メディオスター Bモードで照射をお願いしました!

前回のヒゲ脱毛時に、担当看護師さんから「ゴリラクリニックは少し前からメディオスターのショット打ちを始めたので、よろしければそちらもどうぞ」と案内されました。

そこで今回は「メディオスターのショット打ちを試してみるぞ!」と意気込んで出かけてい行きました。

メディオスターのショット打ちは、器械の設定で言うと「メディオスター Bモード」とか「メディオスター ベーシックモード」と呼ばれます。

通常、メディオスターはレーザーが出るヘッドを何度も肌の同じ箇所に滑らせていきます。それがBモードだと1発ずつの照射になるので、何度も滑らせなくて済みます。

このBモードのいいところは、YAGレーザーを使って照射した時と同じように、2週間くらいするとはっきり抜け感がわかるところだそうです。

との説明を受けて、実際に照射を受けることになりました。

メディオスターショット打ち(Bモード)による照射の感想

一言でまとめると「新鮮」でした!

これまでずっとメディオスターの“一般的”な照射に慣れていましたし、YAGレーザーでの照射も複数回経験してきました。

今回のメディオスターショット打ちはこれまでにない感覚で楽しめました。

イメージとしてはYAGレーザーの1発が当たるときに近いです。ピッと音がなるとレーザー光が出て「チカッ」とする痛みを感じます。YAGレーザーの1発ほどの強烈な痛みではありませんが、ヒゲ密度が高いアゴ下や鼻下はそれなりに痛いです!

照射部位に冷却ジェルを塗るのは同じ。ショット打ちでも事前にジェルを塗ってもらい、その部位が終わったら拭き取ってもらいます。

脱毛にかかる時間ですが、正確に測っていないものの、これまでのメディオスターの照射よりも若干早く終った気がします。

これまでのメディオスターを思い出してみると、何回か同じ箇所を滑らせていくうちに、最後のほうは痛みというより熱さに耐えるのが大変な時がありました。

その点、ショット打ちならじわじわ熱が込められていく(まあ、それが蓄熱式なのだが・・・)不快さがなくて済みます。

個人差がありますが、私は照射後は肌に赤みが出やすいほうです。

今回も照射後に鏡をチェックしたら、とくに鼻下に赤みが出ていました。赤みが出る具合はそんなに変わらないのかな~という感じです。

照射してもらった日の夜

これまでのメディオスターと比較するために、脱毛に行った日の夜の感覚がどうか、いつもの時と違うのか注意して観察しました。

個人差があることを前提にして、メディオスター Bモードで照射を受けた晩について書きます。

結論から言うと、照射してもらったのを忘れるくらいの感覚、つまり脱毛前とほとんど何も変わらず過ごせました。

これまでは、その日の晩に洗顔しようと思って顔を触ると、なんとなくじわっとした痛みを感じました。例えるなら、海に泳ぎに行って日焼けした日の晩のような、なんとなく肌が突っ張っているような、火照っているような感じです。でも、今回はそれがほとんどありませんでした。

見た目について言えば、いつもなら夜もほんのり赤い部分があったのですが、今回はほぼ通常モードでした。

ヒゲ脱毛に限らず、脱毛当日は「お酒を飲まないでください」「入浴はシャワーだけにしてください」と言われます。

ついつい忘れそうになってしまうくらい普段どおりの夜でした。

当日の夜に限定して言うと、メディオスター Bモードの照射後は最高です!

照射の翌朝

メディオスターBモードでの照射翌日の朝・・・

鏡を見たら・・・

「本当に昨日ヒゲ脱毛に行ったのか?」と疑ってしまうくらい、普通の顔をしていました。

同じショット打ちでも、YAGレーザーで脱毛したときは、翌朝鏡を見ると「やったな~」という顔になっています。強烈な熱破壊で毛の頭がベチャッとつぶれて広がるので、なんか1本1本の毛が太くなったように、汚くなってしまうんです。いわゆる泥棒ヒゲ状態に。

メディオスターの場合はYAGレーザーと比較すると泥棒ヒゲになりにくいです。Bモードでの照射後も同じでした。

普通に洗顔しましたが、わずか~な違和感を覚える程度で、痛みも赤みもほとんどありませんでした。

実際の抜け感などについては、後日追記します

ヒゲ脱毛17回目から2週間後に追記しています。

結果はどうなったかというと・・・本当に抜け感があった!

従来のメディオスター NeXT PROの照射方法では決して味わうことができなかった「2週間後に髭がポロポロ抜け落ちる」体験をしっかりと味わうことができました。

こうなってくると、ヤグレーザーとメディオスターBモード、どっちにするか迷うところです。次回の予約はどうしようか・・・

ちなみに、ゴリラクリニックだと大阪梅田院にライトシェアデュエットが、銀座院にはアレキサンドライトレーザーがあるので、どちらも試してみたい気もします。

ああ、迷う。

ちなみに、今の日本で主流になっているのはメディオスター NeXT PRO(ネクストプロ)ですが、先日メディオスターを製造しているドイツのAsclepion Laser Technologies GmbH(エースクレピオンレーザーテクノロジーズ社)がメディオスター モノリスを発表しました。日本では2021年4月から使用が開始されるとのことです。

ゴリラクリニックにメディオスターの新機種が導入されるか、今後の展開を楽しみにしたいと思っています。

 

\ゴリラクリニック公式サイト/

▲ゴリラクリニック

この記事を書いたのは私です

ボリ(@urbandance2010

ゴリラクリニック仙台院の通路でカウンセラーさんに撮ってもらった写真
(ゴリラクリニック仙台院にて撮影)
2017年から使っているゴリラクリニックの診察券
(2017年から使っているゴリラクリニックの診察券)
全国各地のゴリラクリニック

 

にほんブログ村 美容ブログ メンズ脱毛・ひげ脱毛へ
にほんブログ村 美容ブログ 医療脱毛へ