賃貸コラム1のアイキャッチ画像

今ここを読んでいるということは、あなたはこれからお部屋探しをするか、あるいは賢い賃貸物件探しに興味をお持ちかもしれません。

いきなりですが、あなたはお部屋探しについて学校で勉強しましたか?

 

  • 小学校・・・教えてもらってない!
  • 中学校・・・教えてもらってない!
  • 高校・・・・もしかしたら、科によっては多少学ぶのかも
  • 大学・・・・専攻による

 

私も含め、ほとんどの人間は不動産について学ぶことなく社会に出ていきます。

じゃあ社会人になってからはどうでしょうか?

お部屋探しについて教えてもらう機会がありましたか?

不動産関連の仕事でもしていない限り、結局は学べないまま今日を迎えているはずです。

そんな状態で、ほとんどの人は初めての賃貸物件探しのタイミングを迎えるわけです。

もちろん自分で勉強することもできますが、その場合も「何をどのように」勉強すればいいかよくわからないと思います。

不動産に関係することって、習う必要がないかというと、むしろ習わないといけないものだと思いませんか?

賃貸物件探しなど不動産に関係することって、かなり重要だと思うんです。
住まいは生活に欠かせないものですし、お金も関係してくるし、住環境は心身の健康にも大きく関わってきます。
どうせ生活するなら少しでも快適な方がいいですし。

なのに、私たちの多くは、はっきり言って“無知”のままお部屋探しの日を迎えることになるんです。

「みんなよくわからないわけだし、一緒だからいいか」と安心してはいけません。

よくわからないまま選んでしまうと、その先にはつら~い毎日が待っているかもしれないのです。

 

後悔するケース
  • 隣の部屋からの音が丸聞こえ
  • 夜になると周辺がとってもうるさい
  • ゴミ出しのマナーが悪すぎる
  • ぜんぜん日が当たらない
  • 相場よりも家賃が高いことがわかった など

 

不動産屋さんにしっかり選んでもらえばいいのでは?と思いたくなるのですが、しっかり選んでもらえないことも。

 

不動産屋さんを信頼してはいけない
  • 不動産屋さんの都合で物件を紹介されているかも
  • 仲介手数料が多く入る物件をすすめているかも
  • あなたのその後の生活はどうでもいいかも
  • 人気のない物件を整理したいだけかも
  • あなたが無知であることにつけ込むかも

 

無知のまま行動してしまうと危険だと思いませんか?

でも逆のことを言えば、知識があれば未然に防げることがたくさんあるわけです。

というわけで、いまさらですが私は「ウレルカ」を運営しているボリと申します。
私自身、ほとんど知識がないまま初めての賃貸物件探しに臨みました。
結果はというと・・・失敗しました!

失敗してみてはじめて気づくことがあり、それはそれでいろいろ勉強になりました。
でも勉強費としてはまあまあ高くつきました。
精神的にもまあまあ負荷がかかりました。

 

どんな経験をしたかについては、別記事にまとめています。

>【実録】隣の住人の奇声と打撃音に恐怖を感じて警察へ通報

 

「もっとしっかりと勉強してから探せばよかった」

「なんでもっと慎重にチェックしなかったんだろう」

いろんな思いがこみ上げてきました。

そして、自分でいろいろ勉強を始めたんです。

せっかくいろいろ経験し、せっかくいろいろ勉強したので、それらをコラム形式でこれから順番に書いていきたいと思います。
少しでも、私と同じような状況の方のお役にたてば嬉しいです。

念のため言っておくと、

 

  • 私は不動産業界の人間ではありません
  • 私は不動産関係の資格を持っているわけではありません(今後取得するかも)
  • 賃貸物件探しに失敗した経験を持つ者としての目線で書きます
  • 書く内容の正確さは担保します

 

この4つを最初にお伝えしておきます。

不動産会社のオウンドメディア、不動産業界の方のブログ、宅建士のサイトのほうが専門的に書かれているはずです。

そのような中で私が順番に書いていくことに意味を見いだすとしたら、それは私が「賃貸物件を探す側」の人間だということです。

ということで。

ちなみに、いろいろ経験して調べ続けた結果、今では快適な生活を送っています。
現在住んでいるのは積水ハウス「シャーメゾン」のベレオというシリーズの物件です。
ベレオの快適さについては以下の記事でまとめています。

>>>積水ハウス シャーメゾン「ベレオ(BEREO)」の評判は最高!