暮らし

アパート探しをネットでするときにおすすめのサイトはどれ?

このあたりで気分を変えて引越ししよう!

あなたは今、そんな気分ですか?

新卒で上京して、大きな不安に包まれながら賃貸物件探しをしたあの日から、早いもので数年が経過しました。今では仕事にも環境にも慣れて、関東周辺にも詳しくなっています。

そんな中でふと、「もう少し理想に近いアパートに引越したいな」という願いが湧き上がってきたかもしれません。

それなりに土地勘はついてきたものの、いざ物件を探すとなると…そこまで経験があるわけではありません。でもアパート選びには成功したいはずです。

そこで今回はアパート探しをネットでするときにおすすめなサイトを紹介していきます。

もちろんこの記事で取り上げるサイトがすべてではありませんし、実際に店舗を構えている不動産屋さんもあります。

まずは「ここいいかも!」というサイトを見つけて、さっそく動き出してみませんか?

この記事がアパート探しを成功させるための助けになれば幸いです。

1.いろいろなサイトをちょっと整理してみよう

いざ賃貸マンション・アパートを探そうと思ってネットを見ると、本当にたくさんのサイトがあると思いませんか?

ここでは、そのすべてを取り上げることはできませんが、じつはそれらのサイトは5つに分類できるんです。知っていましたか?

その5つを順番に見ていきましょう。

1-1.分類①ー管理会社によるサイト

これは、自社が管理している物件を中心に扱っているサイトです。

管理会社によるサイトの例:

  • 大和リビング(D-roomなど大和ハウスの物件を扱っている)
  • MAST積和不動産(積水ハウスの物件をメインにしている)

希望するエリアのお部屋情報をたくさん集めるためには不向きです。なぜなら、自社管理物件を中心に扱っているわけですから、その他のハウスメーカーや大東建託、東建などの物件情報を入手することはできません。

一方、管理会社によるサイトを通して話を進めていくと、有利な条件で契約できる機会が開かれることもあります。また、実際に住み始めたあとも手厚いサポートを受けることができます。

1-2.分類②ー広告サイトと呼ばれるもの

広告サイトは、きっと今いちばん熱いというか、よく活用されているタイプのサイトだと思います。

有名な広告サイト:

  • SUUMO(スーモ)
  • マイナビ賃貸
  • ホームズ
  • キャッシュバック賃貸

これらのポータルサイトに、各不動産会社はお金を払って物件情報を掲載しています。いわば広告を出しているのです。

不動産屋さんにとっては、広告費がかかるもののより多くの人の目に物件情報を流すことができるので、早く契約まで持っていくことができるようになります。

利用者にとってのメリットは、「物件情報が豊富にある点」です。特定の会社の情報だけではなく、全国のたくさんの情報が集まってくるからです。

1-3.フランチャイズ加盟店によるサイト

日本全国には、フランチャイズ加盟店の不動産屋さんがたくさんあります。

これは、個人経営の不動産屋が、自分で名前をつけるのではなく、フランチャイズ加盟店として名前を借りてフランチャイズ契約に基づいて営業している仕組みです。

有名なフランチャイズ加盟店名:

  • アパマンショップエイブル
  • ミニミニ
  • ホームメイト
  • センチュリー21
  • ピタットハウス

フランチャイズ加盟店なので、それぞれのお店によって扱っている物件が異なります。

同じエリアでも、「アパマンショップとミニミニは仲介しているけど、エイブルは取り扱っていない」ということがあり得ます。

それで、もしフランチャイズ加盟店のサイトを利用してアパート探しをするようなら、少なくとも2社か3社のページをのぞいてみるとよいでしょう。

1-4.二次掲載サイト(おすすめしません)

二次掲載サイトは、その名の通り二次掲載しているだけのサイトです。主にポータルサイトを運営している会社が、数あるサービスの一環として不動産情報も掲載しているわけです。

有名な二次掲載サイト:

  • ヤフー不動産
  • excite不動産
  • goo不動産

情報自体が間違っていたり怪しかったりすることはないとしても、ほかのサイトから情報を引っ張ってくるだけに、リアルタイムからワンテンポ遅れてしまいます。

すぐに決まってしまうような掘り出し物件が掲載されるまでに時間がかかりますし、すでに入居者が決まっている物件でも、まだ「募集中」となっていることもあります。

そんな点を考えると、たくさんのサイトがある中で、わざわざ二次掲載サイトを選ぶ理由はありません。

1-5.新ジャンルのサービスやサイト

これまで取り上げた4パターンが今までの主流でした。

ところが、最近ではこの5番目に属するサイトやサービスを活用して賃貸物件探しをする人たちがいます。とくに若い年齢の方が多いです。

  • チャット型不動産屋
  • すべてがLINEで完結する不動産屋

たとえば、ietty(イエッティ)というサイトを使えば、チャットを使ってお部屋探しができます。深夜0時までオンラインでつながるので、仕事が終わってからでも十分間に合います。とくに一人暮らしなら自分で自由に決めてしまえるので、こんなラフなスタイルできめていくのもいいかもしれませんね。

イエッティのサービスや評判については、イエッティ(ietty)の評判や口コミ・仲介手数料は?にまとめています。

チャット型不動産屋でも斬新なのですが、最近ではもっと新鮮なサービスが誕生しています。

それがAWANAI賃貸です。

その名の通り、会わなくても済むんです。内見なんて不要!って人は、わざわざ不動産屋に行かなくてもよくて、カギも郵送で受け取れるAWANAI賃貸が便利かもしれませんね。

2.どのサイトが自分に合っていると思う?

ここまで5種類に分けて見てきました。どの種類が自分に合っていると思いましたか?

  • 豊富な物件数で選ぶなら→広告サイト

SUUMO 全国版

マイナビ賃貸

ホームズ

キャッシュバック賃貸~祝い金がもらえる賃貸情報サイト~
  • 特定のメーカーに決めているなら→管理会社によるサイト

積水ハウスの物件なら:MAST(積和不動産)

大和ハウスのD-roomなら:賃貸住宅 D-room

大東建託の物件なら:いい部屋ネット

 

  • 実際に店舗で相談したいなら→フランチャイズ加盟店のサイト

お部屋探しは アパマンショップ

エイブル

ミニミニ

ホームメイト

センチュリー21

ピタットハウス

  • チャットやLINEで探したいなら→ietty(イエッティ)やAWANAI賃貸で

ietty(イエッティ):時間がない人こそチャット不動産!

AWANAI賃貸:オンライン完結賃貸サービス「AWANAI賃貸」


3.物件探し自体を楽しもう

家賃が…失敗したくない…全部チェックしているかな…

いろいろ不安になることも多いと思いますが、物件探しって、探しているときはワクワクしませんか?

そうなんです、物件探しを楽しみましょう!

だからこそ、ワクワクしてときめくような不動産仲介サイトを活用するといいですね。

楽しみながら賃貸住宅チェックを進めていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はアパート探しをネットでするときにおすすめのサイトを紹介してきました。

ポイントは、だれかのおすすめではなく自分にとって「これはいい!」と思えるサイトを見つけることです。

さっそくお気に入りサイトを発掘して、新居に向けて動き出してみませんか?